2016年03月01日

コマンドプロンプトから管理者権限のコマンドプロンプトを開く


cmd "/c echo set o=CreateObject("Shell.Application"):o.ShellExecute "cmd","/k","","runas",1 > %TEMP%\_.vbs & wscript.exe %TEMP%\_.vbs"
echo を使用して、VBScript のコードをファイルに書き込んで、そのコードを wscript.exe で実行して、結果的に管理者権限を持ったコマンドプロンプトを開きます



posted by at 2016-03-01 11:43 | Comment(0) | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

dir > log.txt >&2 で log.txt は作成されない

どうも、最後のほうから解析されるようですが、かっこを使うと log.txt は作成されます。

(dir > log.txt) >&2

後者は当然何も表示されませんが、前者はコマンドプロンプトに表示されます

関連する記事

Windows のコマンドプロンプトで、標準エラー出力へ出力する


posted by at 2014-11-28 00:37 | Comment(0) | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コマンドプロンプト : Sleep( ミリ秒 ) する

現在は、秒単位ならば、timeout 5 と言うようにコマンドが使用できます
標準の Windows でスリープする方法は以下のようになります
REM バッチファイル内でも直接でも可能です

echo Wscript.Sleep 5000 > %TEMP%\sleep.vbs & cscript.exe %TEMP%\sleep.vbs
5000 は、単位がミリ秒ですから、5秒です。

同時に二つのプロセスが、sleep.vbs を作る事があると問題ありますが、
通常は大丈夫でしょう。また、ファイルを削除したければ、del を追加します

また、このような方法を使うと、バッチファイル内に VBScript のコードを書いて、
実行する事が可能となります。
以下は、GUID を取得してユニークな文字列を作成します
@echo off

echo strGuid = CreateObject("Scriptlet.TypeLib").Guid > %TEMP%\guid.vbs
echo strGuid = Replace(strGuid,"{", "") >> %TEMP%\guid.vbs
echo strGuid = Replace(strGuid,"}", "") >> %TEMP%\guid.vbs
echo strGuid = Replace(strGuid,"-", "") >> %TEMP%\guid.vbs
echo Wscript.Echo strGuid >> %TEMP%\guid.vbs

cscript.exe //Nologo %TEMP%\guid.vbs

関連する Microsoft のページ

スクリプトを使用して GUID を作成することはできますか?



posted by at 2014-11-28 00:16 | Comment(0) | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。