イラストAC フリー素材

2010年07月12日


コマンドプロンプトの & と && と ||

& は、VBScrpt からのイメージでは「連結」ですが、この場合は同じような
意味で、コマンドを一行で複数実行する方法ですが、&& と || にはさらに
条件が付加されます。

&&

&& 記号の前にあるコマンドが正常に終了した場合にのみ、
後ろにあるコマンドを実行するために使います。
1 つ目のコマンドが実行され、そのコマンドが正常に終了
した場合にのみ、2 つ目のコマンドが実行されます。  
ここで「正常」とは、コマンドのエラーコード が 0 です

||

|| 記号の前にあるコマンドが失敗した場合にのみ、後ろに
あるコマンドを実行するために使います。
1 つ目のコマンドが実行され、そのコマンドが失敗した場合
(コマンドから返されるエラーコードが 0 よりも大きい場合)
にのみ、2 つ目のコマンドが実行されます。 

以下は、エラーコードをバッチファイル内で実現する exit /B を使って
テストしています。
@echo off

echo 最初が成功したら次も実行
pause
Call :normal && dir

echo 最初が失敗したら次も実行
pause
Call :error || dir

echo 以下はどちらも dir が実行されない
pause
Call :normal || dir
Call :error && dir

goto :end

:normal
exit /B 0


:error
exit /B 1


:end



posted by at 2010-07-12 23:28 | Comment(0) | バッチファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日


リダイレクト : 空のファイルを作成する

nul は 特別な予約語で、空のファイルを意味します。
type nul > empty.txt
この場合は標準入力に利用したファイル作成ですが、以下のように
標準出力に利用すると表示結果を無効にする事ができます
dir > nul
また、リダイレクト先には、エクスプローラでは入力できないファイルを
指定できるので、以下のような処理も可能です
echo DirectoryIndex index.html index.htm index.cgi> .htaccess
type .htaccess_base > .htaccess



posted by at 2010-07-11 16:08 | Comment(0) | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日


バッチファイル自身が存在するディレクトリを使用して CSCRIPT.EXE を使う

バッチファイル内で、%~dp0 は、バッチファイル自身が存在するディレクトリ
に置換されるので、そのバッチファイルと同じディレクトリに .vbs( または .wsf )
を置いて、コマンドプロンプト用の VBScript を起動する為のコマンドファイルと
して使う事ができます。

VBScript 内で記述される Wscript.Echo は、Wscript.exe で実行されてしまうと、
一回の表示毎にメッセージボックスが表示されて、処理が中断しますが、Cscript.exe
で実行する場合は、コマンドプロンプトに表示されて処理が継続されます。このよう
に、CScript.exe で実行する事を前提とした処理は、バッチファイルで起動してやる
と良いです。
@echo off
cscript.exe //NOLOGO "%~dp0vbspathlist.vbs"

VBScript 側では以下のようにすると、Wscript.exe での実行を抑制する
事ができます。
str = WScript.FullName
str = Right( str, 11 )
str = Ucase( str )
if str <> "CSCRIPT.EXE" then
	Wscript.Echo "スクリプトを直接実行しないで下さい"
	Wscript.Quit
end if



posted by at 2010-07-09 11:29 | Comment(0) | バッチファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します