イラストAC フリー素材

2010年07月09日


更新されたファイルのみを一括でバックアップする為のコピーコマンド( bakcopy.bat )

bak コピー元ディレクトリ コピー先ディレクトリ
※ xcopy で新しいファイルのみをコピーします
※ コピー先ディレクトリは存在しない場合は作成されます

for 構文は引数の無い場合のチェックをしているだけで、
エラーが出ない事が解っている場合は必要ありません
bakcopy.bat
@echo off
for /F "tokens=1" %%i in ('echo %1') do (
	if "%%i"=="ECHO" (
		goto error1
	)
)
for /F "tokens=1" %%i in ('echo %2') do (
	if "%%i"=="ECHO" (
		goto error2
	)
)
xcopy.exe %1 %2 /D /E /C /S /Y /I
goto end 


:error1
echo bak コピー元ディレクトリ コピー先ディレクトリ
echo 引数1は、コピー元ディレクトリです
goto end

:error2
echo bak コピー元ディレクトリ コピー先ディレクトリ
echo 引数2は、コピー先ディレクトリです
goto end

:end 



posted by at 2010-07-09 10:56 | Comment(0) | 拡張コマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ファイル名を指定して実行」からコンソールアプリケーションを使う

そもそも、「コンソールアプリケーション」とは、コマンドプロンプトが表示されてからでないと実行されません。また、処理が終わるとコマンドプロンプトに制御が移動するので、そのコマンドプロンプトが閉じてしまうと結果の表示を見る事すらできません。ですから、コンソールアプリケーションを実行するには3つのパターンがあります。

1) cmd.exe を実行してから

「ファイル名を指定して実行」から cmd.exe を実行してコマンドプロンプトを開いてから、目的のコマンドを実行する

2) cmd.exe /k コマンド を使う

/k オプションを付けて、コマンドを cmd.exe に実行させると、コマンドが実行された後にコマンドプロンプトが開いたままになります。


3) cmd.exe /c コマンド & pause を使う

/c オプションを付けて、コマンドを cmd.exe に実行させると、コマンドが実行された後にコマンドプロンプトは閉じてしまいますが、& でコマンドを継続できるので、& pause を付加する事によって、コマンドを実行した後に pause が実行されてキー入力待ちになり、何かキーを入力するとコマンドプロンプトが閉じま
す。

実行例

cmd /c ipconfig /all & pause


posted by at 2010-07-09 10:15 | Comment(0) | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日


ファイルのダンプ( vdump )

ブラウザでダウンロード
VBScript だけで作ったファイルの16進数ダンプツールです。
※ wscript 経由で実行はできないようにしてあります
          0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  A  B  C  D  E  F
--------------------------------------------------------------------------
00000000 50 4B 03 04 14 00 00 00 08 00 37 03 E7 3C 9C 49  PK........7.・廬
00000010 75 ED 1C 02 00 00 AF 05 00 00 0A 00 00 00 72 65  u.....ッ.......re
00000020 61 64 6D 65 2E 74 78 74 B5 54 41 6B 13 41 14 BE  adme.txtオTAk.A.セ
00000030 2F EC 7F 18 7A B2 39 08 F5 E0 51 DC E4 20 C5 A0  /...zイ9..濂ワ・ナ.
00000040 50 41 0B 29 15 43 6B 0C 58 13 9B 6D 2C E8 C1 F9  PA.).Ck.X.嬶,霖.
00000050 9E 87 A6 C9 6E D2 6C E2 7A 10 A9 45 2A 55 8A 68  梏ヲノnメl窘.ゥE*U撹
00000060 A9 21 DA 8A 94 46 4D C8 5E F4 22 E8 C1 83 1E 5A  ゥ!レ株FMネ^."霖・Z
00000070 2A 6C FF 81 33 9B C6 ED A1 ED 65 D3 B9 0C 33 F3  *l.・嵌.。.eモケ.3.
00000080 E6 7B DF 7C F3 BD 17 0A 30 54 25 C4 2E 87 2F 45  諚゚|.ス..0T%ト../E
00000090 26 93 69 9D A1 C1 48 A7 B3 14 A1 3C DA 6C 6C 6A  &妬擅チHァウ.。<レllj
000000A0 22 2D 8E 03 0C 55 51 95 AC 84 61 7D 3E 2E A5 69  "-・.UQ噴・}>.・i
000000B0 B8 4F A4 E2 9A BF 37 70 BA 94 2C 55 E8 2A 59 94  クO、笞ソ7pコ・U・Y
000000C0 AD 8E 98 8B 70 8D 0C 16 F0 13 35 1E 96 20 41 69  発侍却・...5.・Ai
000000D0 84 58 F5 BC 9D C5 97 6E 46 16 14 70 A0 9F 79 0F  Ч.シ敘溶F..p.毓.
000000E0 3B 19 BF A6 AB CA 29 B1 8A 67 BC B5 98 7B 41 57  ;.ソヲォハ)ア拡シオ・AW
000000F0 90 B4 68 98 12 3C 46 F9 A0 68 78 8D B6 B5 8B 0D  清h・<F..hx左オ・
          0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  A  B  C  D  E  F
--------------------------------------------------------------------------
00000100 B4 FF 0B EE 5A AF F0 96 AE 53 98 0A 74 81 12 34  エ...Zッ.粍S・t・4
00000110 6B FD 42 B3 3C 25 24 DF E4 1A DE 8B C8 BD 33 55  k.Bウ<%$゚・゙曲ス3U
00000120 91 A7 68 CA 4F 83 5B 6E 61 15 9B B9 77 58 C1 02  息hハOゼna.峪wXチ.
00000130 0F CF 6C 57 5A D6 20 9A 70 B8 76 25 79 6B 2C 75  .マlWZヨ 嗔クv%yk,u
00000140 27 C3 BA F7 3A B7 0E CE 4D 43 94 E1 31 1F A9 27  'テコ.:キ.ホMC批1.ゥ'

************************************************************
* VBSCript で ファイルの dump
************************************************************

vdump "ファイルのパス" で、ファイルの16進数ダンプ表示を行います。


************************************************************
* 必要なファイル 
************************************************************
1) vdump.bat
2) vbsdump.vbs

************************************************************
* インストール
************************************************************
この二つのファイルを同じディレクトリ内に置いて、そのディレク
トリにパスを通して下さい。一般的には、Windows ディレクトリに
この二つのファイルをコピーして下さい

************************************************************
* アンインストール
************************************************************
この二つのファイルを削除して下さい

************************************************************
* その他
************************************************************
大きなファイルは vdump "ファイルのパス" | more とするか、
vdump "ファイルのパス" > dump.txt として、dump.txt をテキスト
エディタで表示して下さい。vdump "ファイルのパス" | more 実行時
の強制終了は、q キー です


■ 著作権その他

このプログラムはフリーです。どうぞ自由に御使用ください。
著作権は作者である私(lightbox)が保有しています。
また、本ソフトを運用した結果については、作者は一切責任を
負えせんのでご了承ください。



posted by at 2010-07-07 00:44 | Comment(0) | 拡張コマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します